MENU

INTERVIEW

ALL
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022
2023
東京マラソン関連
東京レガシーハーフマラソン関連
オフィシャルイベント関連
金沢マラソン関連
東京マラソン財団主催イベント関連
スキルアップ講習
VOLUNTAINERリーダー/リーダーサポート研修兼選考
外部協力
VOLUNTAINERリーダーサポート関連
2024
  • 東京マラソン2024に向けて「VOLUNTAINERミーティング2023」を行いました!

    やさしい日本語ではなそう ~インクルーシブな社会をつくる考え方~
    協力:東京都生活文化スポーツ局
    サイ・シンゼンさん(中国)

    「VOLUNTAINERに登録したばかりで、スポーツボランティアも初めてです。VOLUNTAINERやこのイベントに申し込んだのは新しいチャレンジをしたいと思って、今日は勉強に来ました。
    私は日本に来て8年目ですが、まだ日本語のいろいろなところが分からなくて、この『やさしい日本語』だと分かりやすいです。今はIT関係の仕事をしていますが、あまりコミュニケーションのチャンスが少ないので、もっと日本の社会に入りたいと思ってボランティアに申し込みました。みんな優しく親切でよかったです。会社も『やさしい日本語』にしてもらえれば、心が温かくなっていいと思います」

  • 東京マラソン2024に向けて「VOLUNTAINERミーティング2023」を行いました!

    スポーツ中の心臓突然死ゼロを目指して ~AEDの適正配置、楽しく学べる身近な救命教育~
    協力:日本光電工業株式会社
    ダンファンビン・ミンさん(ベトナム)

    「ベトナムで日本語を勉強して、いま日本には1年半ぐらいになります。今日はいろんなセミナーがあったので参加してみました。AEDは初めてだったので興味がありました。面白かったし、今後役に立つことがあると思います。自分の勉強にもなりました。
    来日して1年半ですが、仕事以外の仲間を作りたくて、VOLUNTAINERに参加しました。ボランティアで友達ができたらいいなと思います。」

  • 東京マラソン2024に向けて「VOLUNTAINERミーティング2023」を行いました!

    海外ランナー対応入門編 ~対応に役立つ英語、簡単にできるホスピタリティ~
    協力:株式会社近畿日本ツーリストコーポレートビジネス
    相原 雅文(あいはら まさふみ)さん

    「スポーツイベントのボランティアは東京2020大会にエントリーしたのがきっかけで結構やるようになりました。東京マラソンもやりたかったんですけど、ちょうどコロナになってできなくて、2021大会、2023大会にも参加しました。
    (参加の理由は)やっぱりやっていて楽しいのが一番大きいです。活動そのものもですけど、いろんな人と会えて、また同じ人と違う研修などで会うことが結構あります。それで仲良くなったり、やっぱり人に会えることがすごく魅力です。
    2023年、リーダー研修兼選考を受けてリーダーになることができたので、この後のスポーツボランティア実践講習〜リーダー編〜も申し込みをしています。今回もいくつか受講して、“これはすぐ使えそう”というものだったりすごく発見が多かったです。
    するスポーツとは縁がありませんでしたが、ボランティアとして“支える”部分からスポーツの面白さが分かって、観戦や自分でプレーすることも始めました」

  • 東京マラソン2024に向けて「VOLUNTAINERミーティング2023」を行いました!

    障害特性に応じたコミュニケーション ~共にスポーツを楽しむために~
    協力:公益社団法人東京都障害者スポーツ協会
    中川 香世(なかがわ かよ)さん

    「元々オリンピック・パラリンピックのボランティアもしていたんですけど、復習もしたいなと思って参加しました。VOLUNTAINERには2017年に登録しました。
    これまで車いすと視覚障害者の誘導の経験はあったのですが、義足と陸上競技用の車いすは今日初めて体験しました。実際に乗ってみると、動かすのも大変でした。大変さを知っていれば誘導の仕方も違うと思います。すごく参考になりました。
    元々スポーツが好きで、自分でやるのもボランティアとして関わるのも好きです。東京マラソンはようやく当たって今回初めて走ります。2024年はランナーですが、ランナー受付のボランティアには参加したいと思っています。」

  • 東京マラソン2024に向けて「VOLUNTAINERミーティング2023」を行いました!

    ボ学 ~未来を広げる、ボランティアの特別授業~
    協力:公益財団法人日本財団ボランティアセンター
    大津 清人(おおつ きよと)さん

    「元々福岡にいて福岡国際マラソンのボランティアをやったりしていました。若い時は自分のタイムを求めて走ることに専念していました。ボランティアの人たちは純粋に応援してくれるので、自分でもボランティアを経験してみることに。純粋に頑張ろうと素直な気持ちになれました。
    今日はもう一度原点に帰って、ボランティアとはどういうことなのか学ぼうと思って参加しました。リフレッシュできましたし、楽しむ・頑張らないことがやっぱり大事なんだと思います。ボランティアは出会いがあって、いろんな考え方や知らないことを知れ、自分の成長に繋がります。(続ける理由は)純粋に応援する気持ちを感じたいし、走る人には感じてもらいたいです」

  • 東京マラソン2024に向けて「VOLUNTAINERミーティング2023」を行いました!

    ボ学 ~未来を広げる、ボランティアの特別授業~
    協力:公益財団法人日本財団ボランティアセンター
    サニーさん

    講師インタビュー

    「普段は中学校の道徳の時間にボランティアの説明をして、活動のきっかけになってほしいということで行っています。今日は対象が違うのでだいぶ内容は変えました。なぜボランティアをやるのか、継続しているのかという考え方を知ってもらえればと思います。人の役に立って自分も嬉しい、自分のためにもやっているというのがメッセージです。ボランティアはやることで楽しく、学ぶことが多いです」

BACK