規約

東京マラソン財団オフィシャルボランティアクラブ
VOLUNTAINER(ボランテイナー)会員規約

第1条(総則)
東京マラソン財団オフィシャルボランティアクラブVOLUNTAINER(ボランテイナー)会員規約(以下「本規約」という)は、一般財団法人東京マラソン財団(以下「当財団」という)が運営する東京マラソン財団オフィシャルボランティアクラブVOLUNTAINER(ボランテイナー)(以下「VOLUNTAINER」という)公式ウェブサイト(以下「本サイト」という)を通じて登録した会員(以下「会員」という)に対して提供する会員サービス(以下「本サービス」という)の利用条件を定めるものです。
第2条(VOLUNTAINERの目的)
当財団は、VOLUNTAINERを、以下の目的をもって、運営します。
  • ボランティア行動者率向上と継続的なボランティア活動の促進
  • 楽しく活動しやすい環境づくりと活動に役立つ情報提供
  • 全体的なスキルアップとリーダーの人材確保・育成
第3条(本規約と本サービス)
  • 本規約に同意し、会員登録を行った方に限り、会員となり、本サービスの提供を受けることができるものとします。
  • 本サービスとは、以下のサービスとします。
    • 本サイトを通じて東京マラソン、その他当財団がボランティアを募集するイベント又はスキルアップ研修等(以下「イベント等」という)へのエントリー
    • 本サイトにおける会員の個人ページ(以下「マイページ」という)でのイベント等への参加履歴の管理、ボランティア活動証明書の発行
    • メールマガジン等による東京マラソン及びその他ボランティアに関する情報提供
    • その他当財団が本サイト上で提供するサービス
第4条(本規約の変更)
  • 当財団は、会員の事前の了承を得ることなく、自らの裁量により、本規約並びに本規約に付随するエントリー規約参加規約VOLUNTAINERリーダー登録規約及び個人情報の取扱いについて等の付随規約(以下総称して、「付随規約」という)を随時変更することができ、会員はこれらの変更後に本サイト上のマイページにログインすることにより、これらへの変更を承諾したものとみなします。
  • 変更後の本規約については、変更後の本規約を本サイト上に掲載した日より効力を生じるものとします。
第5条(会員登録)
  • 本規約における会員とは、本規約に同意の上、当財団に対し本サイト上でVOLUNTAINERへの登録申込みを行い、当財団が登録を承認した者をいいます。
  • VOLUNTAINERへの会員登録を行う者は次の全ての条件を満たす者とします。
    • 15歳以上(中学生は不可)の個人であること。
    • 日本国外に在住の方については本サービスの一部を受けられないことに同意すること。
    • 本規約及び付随契約に同意すること。
    • 既に本サービスの登録申込み及び登録を行っている会員ではないこと。
    • 個人での利用以外の目的(商業目的等)を有していないこと。
    • 過去に当財団により会員資格を取り消され、又は退会処分を受けたことのないこと。
    • 登録の申込内容に虚偽の記載、誤記、又は記入漏れがないこと。
  • 当財団は、登録申込者を承諾する場合は、電子メール、もしくは他の方法で登録申込者に通知することによって登録申込みを承諾したものとみなし、この通知をもって本サービスの利用を可能とする。なお、本サービス利用開始後に会員が前項各号の条件のいずれかを満たしていないことが判明した場合、当財団は、当該会員の資格を取り消すことができるものとします。
  • 会員は、VOLUNTAINER ID(EMTG ID)を当財団から付与されます。
第6条(会費等)
VOLUNTAINERの登録にかかる会費は、無料です。
第7条(本サービスの利用)
会員は、本サービスによりイベント等にエントリーする場合にはエントリー規約の記載内容、実際にイベント等に参加する場合には参加規約の記載内容、VOLUNTAINERリーダーとして登録を受ける場合にはVOLUNTAINERリーダー登録規約の記載内容に、それぞれ同意するものとし、これらの付随規約すべてを遵守するものとします。
第8条 (本サービスの中断、中止)
  • 当財団は次の各事項のいずれかに該当する場合、本サービスの提供を中断又は中止することができるものとします。
    • 本サービスの提供に必要な設備の保守、点検又は工事のため、やむをえない場合。
    • 何らかの理由によって電気通信事業者が提供する電気通信サービスが中断又は中止された場合。
    • 運営上又は技術上、当財団が本サービスの中断又は中止が必要と判断した場合。
    • その他、本サービスの中断又は中止が不可避な場合。
  • 前項に定める本サービスの中断又は中止をする場合、可能な限り事前にその日時、期間等を会員に通知します。ただし、事前に通知ができない合理的な理由がある場合はこの限りではありません。
  • 当財団は、当財団が行った本サービスの中断、中止に基づいて会員に何らかの損害が生じたとしても、これについて一切の責任を負いません。
第9条(当財団からの通知)
  • 当財団は、会員に対し随時必要な事項(以下「通知事項」という)を本サイトに掲載する方法により通知します。
  • 当財団は、会員に対して通知事項を本サイトに掲載したことをメールにて通知します。
第10条(会員の義務)
  • 会員は、本規約及び付随規約の規定その他当財団が通知する事項を遵守し、当財団の活動・業務の妨げになる行為を行わないものとします。
  • 会員は、VOLUNTAINER ID(EMTG ID)及びパスワードを自らの責任で適切に管理するものとします。会員が自己のVOLUNTAINER ID(EMTG ID)若しくはパスワードが不正に使われた場合又は不正に使われる恐れがあることを知った場合には、会員は直ちに当財団にその旨を通知しなければなりません。当該VOLUNTAINER ID(EMTG ID)又はパスワードの不正利用等により、当団体又は第三者に損害が生じた場合には、会員が自らの責任にてこれを賠償するものとし、会員又は第三者に損害が生じた場合であっても、当財団は一切の責任を負いません。
  • 会員は、次の各項目の行為を行うことはできません。
    • 本規約又は付随規約に違反する行為。
    • 本サービス運営を妨害する行為。
    • 法令又は公序良俗に違反する行為。
    • 犯罪行為又は犯罪行為を助長し若しくは関連する行為、又はそのおそれのある行為。
    • 本サービスの安定した運営を妨害する目的で多量の情報を伝送する行為。
    • 情報通信設備の誤作動や情報の破壊を誘発させるコンピュータウィルスプログラムを流布する行為。
    • 他人になりすまして会員に登録する行為又は他人のVOLUNTAINER ID(EMTG ID)若しくはパスワードにより本サイトに不正にログインする行為。
    • 当財団又は第三者が有する著作権、商標権、特許権等の知的財産権を侵害する行為。
    • 当財団、他の会員、第三者の信用若しくは名誉を毀損し、又は第三者のプライバシー若しくは肖像権その他の権利を侵害する行為又はそのおそれのある行為。
    • 当財団が不適切と判断する性的・暴力的・差別的な表現を掲載し、又は当該性的・暴力的・差別的表現が掲載されているサイトへのリンクを貼る行為。
    • VOLUNTAINERのロゴ及び本サービス若しくは本サービスによりエントリーをした活動によって得た物品又は情報等を営利目的その他当財団が許諾していない態様で取得、利用、販売等する行為。
    • 宗教団体の布教・勧誘行為、又は政治団体の宣伝行為。
    • その他、当財団が合理的な理由に基づきVOLUNTAINERの会員として不適切と判断する行為。
  • 会員は、登録した情報に変更が生じた場合は、速やかに変更を登録するものとします。変更の登録がなされなかったことにより会員に損害が生じたとしても、当財団は一切責任を負いません。
第11条(損害賠償)
会員は、本サービスの利用において、自己の責めに帰すべき事由により当財団又はその他の第三者に対して損害を与えた場合、これを賠償する責任を負います。
第12条(譲渡禁止)
会員は、本サービスその他本規約上の地位を、有償無償問わず、第三者に譲渡、贈与、又は貸与することはできません。また、これを担保として提供することもできません。
第13条(免責)
  • 会員は本サービスを本規約及び付随規約に従って、自らの責任において本サービスを利用するものとします。当財団は会員が本サービスの利用を通じて得た情報、資料等による損害に関して一切の責任を負いません。また、当財団は、本サービス上で提供した情報、資料、事実の信頼度、正確度及び最新性など、内容に関しても一切の責任を負いません。
  • 当財団は当財団に起因しない事由によるサービス利用の障害について責任を負いません。
  • 当財団は天災地変、法令に基づく措置、行政指導、監督官庁の指導、事件又は事故、その他不可抗力等により本サービスを提供することができない場合には、当該サービス提供ができないことに関し、一切の責任を負いません。
  • 当財団は、会員が利用するコンピュータその他の電気通信端末、通信サービス及びネットワーク環境等により、会員に本サービスの全部又は一部の提供を受けられない等の損害が生じたとしても、一切の責任を負いません。
  • 当日の天候、天災地変、事件、テロ、テロの予告、ストライキ、暴動、道路・鉄道・航空等の交通事情、法律に基づく命令、行政措置その他不可避的事由により、当該イベントが実施されなかった場合、当財団は一切の責任を負いません。
第14条(退会)
  • 会員は、以下の場合にVOLUNTAINERを退会するものとします。
    • 第10条に定める会員の義務の不履行があり、当財団が会員を退会処分とした場合
    • 会員が自ら所定の方法にて当財団に退会の届出を行い、届出が受領された場合
    • 会員が死亡した場合
  • 会員が退会する場合は、前項の退会の事由が生じた時点をもって退会とし、退会届出時にエントリーしているイベントがあった場合は、退会と同時にエントリーしているイベントへのエントリーも取消しされます。
  • 退会した会員への送付物等は、退会時点をもって停止します。
  • 会員資格は、一身専属のものとし、相続しないものとします。
第15条(個人情報)
当財団は、会員から得た個人情報について、別途定める「個人情報の取扱いについて」に従って取り扱うものとします。会員は、本規約への同意によって、個人情報の取扱いに記載のとおり自らの個人情報が取り扱われることについて承諾したものとします。
第16条(協議事項)
本規約及び付随規約に定めのない事項又は本規約及び付随規約の解釈について疑義が生じた場合、会員及び当財団は双方誠意を持って協議の上これを解決するものとします。
第17条(専属的合意管轄裁判所)
当財団及び会員は、当財団と会員の間で本規約又は付随規約につき紛争が生じ、訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。
第18条(準拠法)
本規約及び付随規約の準拠法は、日本法とします。

平成28年10月6日 制定

VOLUNTAINERリーダー登録規約

当財団は、会員のVOLUNTAINERリーダーとしての登録(以下「リーダー登録」という)に関し、以下の通り定めます。

1 リーダー登録の条件(初回登録)
「VOLUNTAINERリーダー(以下、「リーダー」という)」としてリーダー登録ができる会員は、当財団が開催する「VOLUNTAINERリーダー研修兼選考」を受講し、当財団により採用された会員に限ります。
2 リーダー登録期間
リーダー登録期間は、リーダーとして採用された年の10月1日から2年間とします。
3 リーダー登録更新
(1)リーダー登録期間中に活動実績があった場合
リーダー登録期間中に、当財団が案内するスポーツイベントのボランティア又は講習への参加が1回以上ある会員は、リーダー登録期間満了日の翌日から更に2年間自動的にリーダー登録期間が更新されます。
(2)リーダー登録期間中に活動実績がなかった場合
リーダー登録期間中に前項の活動実績のない会員のうち、今後もリーダー登録の継続を希望し、積極的にボランティア活動に参加する意欲がある会員は、当財団が指定した課題を提出し、採用されることにより、リーダー登録期間満了日の翌日から更に2年間リーダー登録期間が更新されます。ただし4年間通して前項の活動実績がない会員は、登録の更新はできず、当該会員のリーダー登録は取消しとなります。
4 リーダー登録の取消し(退会)
リーダーである会員が以下の項目に該当する場合は、当該会員のリーダー登録は取消されるものとします。ただし、VOLUNTAINERの会員登録は取消しされません。
① リーダーからリーダー登録の取消し(退会)の希望があった場合
② リーダー登録の更新がなされなかった場合
③ 当財団がリーダーに不適当であると判断した場合
なお一度リーダー登録が取消された会員が再びリーダー登録を希望する場合は、改めて「VOLUNTAINERリーダー研修兼選考」を受講し、採用されることが必要となります。
5 リーダー登録の一時停止及び停止の解除
リーダー登録の一時停止及び停止の解除を希望する場合は、速やかに当財団に連絡してください。一時停止については当財団が認めた場合のみ適用され、その期間は1年とします。(一時停止の事由:産休、育休、転居を伴うものなど)

平成26年7月1日 制定
平成28年7月1日 改定
平成28年10月6日 改定
平成29年8月22日 改定

エントリー規約

【共通規定:以下の規定は、東京マラソンを含めた全てのエントリーに関して共通して適用になります。】
  • エントリーする者は、VOLUNTAINERに登録した会員でなければなりません。
  • ボランティアを募集するイベントへのエントリー者が募集人数よりも多数の場合は、抽選で参加者を決定します。
  • 同一会員が複数のIDを用いるなどして同日イベントへ重複してエントリーした場合、当該重複エントリーが判明した時点で当該日のすべてのエントリーが無効になります。
  • エントリーは本サイトのエントリーフォームからのみ受付します。また、電話、メールでのエントリーも受け付けていません。
  • ご利用の端末、OS、ブラウザソフトによってはエントリーできない場合があります。従来の携帯電話(フィーチャーフォン)でのエントリーはできません。
  • ご利用の端末の非対応、インターネット回線やメール機能の不具合などによりエントリーができなかった又は遅れたことにより、エントリーした者に何らかの損害が生じた場合であっても、当財団は当該損害に係る責任を負いかねます。
  • 電話・メールなどによるエントリー状況・抽選結果の問い合わせ・照会等はできません。本サイトのマイページに掲載しているエントリーの内容、抽選結果を確認してください。
  • エントリーのキャンセル、エントリーの登録内容の変更、その他各種問い合せは、本人が本サイトのマイページから行ってください。
  • エントリーしたイベントの開催日の1週間前までに参加案内をマイページ上で通知します。必ず確認してください。
  • エントリーしたイベントにランナーとして参加する場合は、同日のボランティア活動へのエントリーはできません。
  • エントリーしたイベントに参加する場合には別途定める参加規約の内容を確認の上、遵守してください。
【特別規定:上記の共通規定に加え、東京マラソンへのエントリーについては以下の規定も適用になります。】
  • 東京マラソンへのエントリーは、グループでのエントリー(以下「グループエントリー」という)も可能です。
  • グループエントリーを行う場合には、グループ内の全員がVOLUNTAINERの会員であることが必要になります。
  • グループエントリーの場合、1グループは代表者を含めて5人までです。メンバー全員のメールアドレス・電話番号が必要となります。
  • 東京マラソンにおいてボランティアとして活動するためには、指定された説明会への参加が必須となります。
  • 希望する活動ブロックの説明会に参加可能なことをご確認の上、エントリーしてください。
  • 東京マラソンへのエントリーはチームでのエントリー(以下「チームエントリー」という)も可能です。
  • チームエントリーを行う場合は、VOLUNTAINERチーム登録が必要です。チームメンバーはチーム参加者リスト提出までに全員が東京マラソン財団オフィシャルボランティアクラブVOLUNTAINERの会員であることが必要になります。
  • チームエントリーの場合、1チームは50人~100人までです。(オフィシャルパートナーは1チーム50人~150人)
  • 当財団の裁量により、希望した活動ブロック以外の配置となる場合もあります。希望した活動ブロック以外の配置となった場合でも、変更を求めることはできません。指定された配置にてボランティアとして活動をしてください。
  • 当財団は大会を安全に実施するため、交通規制や入場規制を行います。規制エリア内での活動については、ボランティアの荷物にも持込み制限を実施する場合があるので、当財団の指示に従ってください。
  • 多言語対応メンバーへのエントリーは募集要項に記載されている言語基準を満たす者のみ可能です。言語基準を満たしていない事が発覚した場合、それ以降のボランティア活動をお断りする場合があります。
  • 当財団は、東京マラソンが行われる前の2月中旬までに、ボランティア参加者全員に参加案内、マニュアル等その他必要事項を通知します。
  • 東京マラソンEXPOでの活動は、参加者を受け入れる大会の顔ともいえる活動です。窓口等の参加者とふれあう活動をする時は、可能な限り、マスク、帽子の着用をお控えください。

平成28年10月6日 制定
平成29年8月22日 改定

参加規約

会員の皆様がエントリーしたイベントでのボランティア活動(以下「本活動」という)又は説明会、講習等(以下本活動が行われるイベントと総称して「イベント」という)に参加する場合には、以下の点に従って参加してください。

  • 当財団及びイベントの主催者(以下「主催者」という)からの指示、参加案内、マニュアル等に従ってください。
  • 説明会やイベントに遅刻、早退はできません。
  • 説明会やイベントには必ず会員本人が参加してください。代理人での参加や、参加者の変更はできません。
  • 説明会やイベントの開催時に本人確認を実施します。主催者が指定した本人確認書類を持参してください。本人確認ができない場合、イベントへの参加ができない場合があります。
  • 事前に主催者が通知した日付、活動ブロック、活動内容等の条件でご参加ください。変更は一切できません。
  • イベントには適切な服装で参加してください。特に東京マラソン等のスポーツイベントには、寒暖・雨天等の天候を考慮の上、動きやすい服装で参加してください(東京マラソンの場合には、ウェアやビブス、キャップなどを必ず着用してください)。スカート・ハイヒール・サンダルは禁止です。なお、当日、主催者によりふさわしくない服装であると判断された場合は、主催者の指示に従っていただきます。
  • イベントに先立って支給された物品がある場合には、イベント当日に必ず持参し、使用してください。イベントに欠席した場合には、郵送にて必ず主催者に返却してください(送料は各自のご負担です)。
  • 会員が以下に該当する場合、主催者は、イベントへの参加をお断りすることがあります。
    • 主催者に迷惑行為と判断される行為をした場合。
    • 酒気帯びや他者を不快にさせるような行為・身だしなみなど、ボランティアとしてふさわしくないと主催者に判断された場合。
    • 抽選漏れ等によりイベントに参加する資格がない場合
  • イベントに先立って説明会が開催される場合には、会員は当該説明会に必ず参加してください。なお、当該説明会の開催日時・場所は変更となる場合があります。必ず参加案内を確認してください。
  • 本活動その他イベントにおいて必要な場合を除き、イベントの参加者その他関係者の個人情報を聞きださないでください。また、イベントに参加する上で知り得た個人情報や機密情報を漏洩、利用しないでください。
  • イベントの参加者その他関係者にイベントとは関係のない勧誘(宗教やマルチ商法など)を行わないでください。
  • イベントの参加者同士のトラブルに関しては当財団では一切責任を負いません。参加者同士で協議の上、解決してください。
  • イベントの運営に使われる備品、配付物品の残部は持ち帰らないでください。
  • 各種案内や配付するマニュアル等の情報は、複製、配付等をしないでください。またこれらのインターネット・SNS等への引用、掲載はしないでください。
  • イベント及び説明会に参加するための交通手段・経路の確認や必要な宿泊の手配及び費用負担は、各自でお願いします。また、本活動に対する報酬の支給はありません。
  • 主催者において、本活動に参加する会員を被保険者とする保険に一括加入いたします(会員の個人負担はありません)。保険の適用範囲は保険契約の内容に基づくものとし、主催者の指示を遵守しなかった場合等保険会社により保険金の支給が不適切と判断された場合には、適用することができません。
  • 会員は、説明会やイベント中に撮影された映像、写真等に肖像が映り込むことを理解し、会員の肖像が写り込んだ映像、写真等をテレビ・新聞・雑誌・インターネット、ポスター、パンフレット等に掲載させることがあることに予め同意します。
  • 当財団以外の団体を主催者とするイベントへの参加において、会員に何らかの損害が生じたとしても、当財団は一切責任を負いません。
【特別規定:上記の共通規定に加え、東京マラソンボランティアチーム参加については以下の規定も適用になります。】
  • チーム代表者はボランティア活動時間・場所・内容・人数の決定後、VOLUNTAINER事務局が指定した人数のメンバーとリーダーを選出してください。
    ※VOLUNTAINER事務局が指定した人数の変更は出来ません。指定した人数で参加してください。
    ※リーダーはメンバー10人から15人につき1人選出していただきます。
    ※リーダーはボランティア活動当日にメンバーの点呼、活動の指示、活動のローテーションなどメンバーを取りまとめ、円滑な大会運営にご協力ください。
  • チーム代表者は選出したメンバー・リーダーの正確なVOLUNTAINER会員登録を促し、「参加規約」を周知してください。
  • チーム代表者はVOLUNTAINER事務局が指定した活動への割振り(配置)を行ってください。
  • チーム代表者はチーム参加者リストや各種提出物の期日を守り、VOLUNTAINER事務局が指定した方法で提出してください。
  • リーダーはVOLUNTAINER事務局が指定した日時の活動別ボランティアリーダー説明会に参加してください。
  • チーム代表者またはリーダーは活動日前日までにチームメンバー全員に活動内容の事前説明を行ってください。
  • チーム代表者はVOLUNTAINER事務局からの支給物品を活動日集合前までにチーム参加者全員に配付してください。
  • リーダーは活動報告書と出欠名簿を必ず提出してください。
  • ボランティア活動をチーム(企業、団体、学校)の広報活動に利用しないでください。※オフィシャルパートナーを除く

平成28年10月6日 制定
平成29年8月22日 改定

個人情報の取扱いについて

当財団は個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律及び関連法令等に基づき、以下のように個人情報を取り扱います。

(取り扱う個人情報)
当財団が取り扱う個人情報とは、氏名、性別、生年月日、年齢、住所、電話番号、顔写真データ及びその他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含みます)をいいます。
(利用目的)
当財団が主催、関与する、VOLUNTAINERの活動に関する説明会、講習、ボランティア活動その他の各種イベント等(以下「イベント等」という)や、本サイトで提供するサービス(以下「本ウェブサービス」という)等を円滑に運営するために、個人情報を公正・適切な手段によって取得し、以下に示す範囲で利用します。

1. イベント等に内容の連絡、出欠席の管理、関連資料の発送又は通知、登録情報の確認連絡等イベント等の開催及び運営に必要な行為。
2. イベント等を円滑に行うことを目的とするアンケートやレポート依頼。
3. イベント等の参加者へのサービス向上を目的とする関連情報の通知、当財団からのお知らせ、次回大会の案内、その他イベントの開催案内。
4. イベント等への参加者の保険加入申込み。
5. 本ウェブサービスの提供及び運営並びにユーザーサポートのために必要な行為。
6. 当財団が提供するサービスの改善や新サービスの開発等。
7. 当財団並びに当財団提携先の商品・サービスのためのダイレクトメールの配付等のマーケティング活動。
上記目的以外で利用する場合は、個人情報を取得する際に予め明示します。
(第三者提供を行う場合)
当財団は、個人情報を利用目的の範囲内で利用するとともに、適切な方法で管理し、個人情報の提供先とその利用目的を通知し承諾を得ない限り、第三者に個人情報を開示、提供しないものとします。ただし、次の場合はこの限りではありません。
1. 保険加入のため保険会社より提供を求められた場合に、当該保険会社に提供すること。
2. イベント等を開催する際、防犯上、防災上の都合で利用施設の管理会社から入館管理上名簿の提出が義務付けられた場合に、当該利用施設の管理会社に提供すること。
3. イベント等において、その開催・運営に必要な範囲内で、イベント等を主催等する関連事業者及び委託業者へ個人情報を提出する必要がある場合に、当該関連事業者及び委託業者へ提供すること。
4. その他法令で第三者への開示、提供が許容される場合に、当該第三者へ提供すること。
(統計データの利用)
当財団は、取得した個人情報をもとに、個人を識別できないように加工した統計データを作成することがあります。個人を識別できない統計データについては、当財団は何ら制限なく利用することができるものとします。
(個人情報の開示、訂正、利用停止等)
当財団は、会員から自己に関する個人情報の開示、訂正、利用停止の請求、申出があった場合は、本人確認を行ったうえで、これに応じます。これらの請求、申出につきましては、「個人情報のお問い合わせ」記載の連絡先からご連絡ください。
(クッキーについて)
当財団は、本ウェブサービス及び本サイトに表示される広告の最適化のために、クッキーを取得し、使用することがありますが、匿名的なもので、特定の個人を識別することはできません。新しいクッキーの受け付けの拒否や新しいクッキーを受け付けたことの通知、またはクッキー機能の無効を設定する方法については、ご利用のブラウザのツールバーにあるヘルプに説明があります。但し、当財団のサービスをより一層活用するために、クッキーを受け付ける設定を推奨致します。
(個人情報のお問い合わせ)
個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、以下までお願いします。
個人情報取扱事業者:一般財団法人東京マラソン財団 個人情報窓口
住所:〒135-0063 東京都江東区有明三丁目7番26号 有明フロンティアビル B棟8階
電話:03-5500-6677
メールアドレス:daihyo@tokyo42195.org

平成28年10月6日 制定
平成28年12月26日 改訂

VOLUNTAINER COMMUNITY利用規約

1. VOLUNTAINER COMMUNITYと利用規約
1. VOLUNTAINER COMMUNITYは、VOLUNTAINERに会員登録し、VOLUNTAINER IDを取得したユーザー(以下「登録ユーザー」という)に対して一般財団法人東京マラソン財団(以下「当財団」という)が提供する特殊ブログツールサービスです。登録ユーザーは、VOLUNTAINER COMMUNITY利用規約 (以下「本規約」という)に従って、VOLUNTAINER COMMUNITYを利用し、VOLUNTAINERの会員によってインターネット上において閲覧されることを目的としたブログを開設し、様々な話題について自らの意見、感想その他表現行為(以下「情報等」という)を掲載・公表することができます。

2) 本規約と東京マラソン財団オフィシャルボランティアクラブVOLUNTAINER(ボランテイナー)会員規約及びこれに関連する規約(以下総称して「VOLUNTAINER会員規約等」という)は、一体として1つの規約を構成しています。従って、VOLUNTAINER会員登録し、VOLUNTAINER IDを取得するためには、本規約とVOLUNTAINER会員規約等に同意していただく必要があります。なお、両者が内容において抵触する場合、本規約が優先するものとし、その他の部分については、本規約とVOLUNTAINER会員規約等が同時に適用されるものとします。

3) 本規約の内容は必要に応じて改訂されることがあります。その際は、VOLUNTAINERトップページあるいはVOLUNTAINER COMMUNITY上に掲載されますので、随時確認してください。なお、改訂後の本規約は、掲載時から適用されます。
2. 情報等に関する責任
当財団は、VOLUNTAINER COMMUNITYを原則的に登録ユーザーの皆様が自由に情報等を発信し、意見交換していただく「場」と認識しております。各情報等の内容は、各登録ユーザーの意思と責任の下に掲示されるものであり、登録ユーザーは掲載した情報の信頼性、真実性、正確性、妥当性、適法性、完全性、安全性(コンピュータウィルスその他有害な要素が無いことを含みますが、これに限りません)、著作権を含む第三者の権利を侵害していないこと、その他一切について自ら責任を有するものとします。当財団は、これらについて何ら保証するものではなく、また、掲載された情報等が本規約に抵触するか否かを積極的に監視する義務を負うものではありません。
3. 禁止行為
登録ユーザーは、VOLUNTAINER COMMUNITYページにおいて、以下に掲げる行為をしてはなりません。
  • 当財団の活動を妨害する行為
  • 他の会員に経済的若しくは精神的損害又は不利益を与える行為
  • 差別につながる表現の掲載
  • あらかじめ不特定者に転売する目的で購入した商品、グッズ等を売買する行為
  • バナー広告、テキスト広告、アフィリエイト広告等の広告商品を貼りつけ利益を得る行為
  • 他人の身体、生命、自由、名誉、財産等に対して害悪を加える旨の情報等を掲載する行為
  • 不倫・援助交際・売春・買春等の勧誘行為
  • 他の登録ユーザーに不快感を与える行為
  • 一般に公開されている情報を除き、当事者の了解無く、電話番号、メールアドレス等の個人的な連絡先を掲載する行為
  • 他人の名前その他の情報を不正利用した情報等を掲載する行為
  • 未成年者の人格形成等に悪影響を与えるような情報等を掲載する行為
  • 登録ユーザーが使用するコンピュータ、通信機器等のハードウェア若しくはそれらにインストールされているソフトウェアに何らかの悪影響を生じさせ、又は登録ユーザーに心理的な不快感を与えるようなコンピュータープログラムやファイルをアップロードしたり、それらのプログラムやファイルが記録されているサーバーにアクセスするURLを掲載し、又はかかるサーバーに対するリンクを貼る行為
  • TV、ラジオ番組、その他イベント等での出演者のコメント内容を著作権法上の引用の範囲を超えて、掲載する行為
  • 他人の産業財産権(特許権、商標権等)、著作権、企業秘密等の知的財産権を侵害する行為
  • 他人の信用若しくは名誉を侵害し、又は他人のプライバシー権、肖像権その他一切の権利を侵害する行為
  • 自殺・自傷行為を肯定・勧誘あるいは助長する行為(自殺の方法などを掲載する行為を含みます)
  • 虐待を肯定・勧誘・助長する行為
  • 虚偽又は誤解を招くような情報等を掲載する行為
  • 犯罪行為をすること又はこれを助長するような情報等を掲載する行為
  • 低俗で品位を欠く(例えば猥褻な)内容の情報等を掲載する行為
  • VOLUNTAINER COMMUNITYの運営又は他の登録ユーザーによるVOLUNTAINER COMMUNITYの利用を妨害し、若しくはそれらに支障をきたす行為
  • 公序良俗又は法令に反する行為
  • その他当財団が合理的な理由に基づき不適切と判断する行為
4. 利用時間
サービスの利用時間は、管理・運営を行っている、当財団から業務委託を受けたEMTG株式会社の業務上又は技術上問題がない限り、年中無休1日24時間です。ただし、当財団はシステム定期点検、増設及び入れ替えのためにサービスを一時中断することができます。予定された作業によるサービス中断はあらかじめ告知いたします。また、次の場合は事前の告知なしにサービスを一時的あるいは一定期間中断又は停止することがあります。
  • 緊急なシステム点検、増設、入れ替え、故障あるいは誤動作が起きた場合
  • 非常事態、停電、天災地変などの不可抗力的な理由がある場合
  • 急激なサービス利用者の増加等により、正常なサービス利用に差し支えがある場合
5. 情報等の削除や移動等の措置
当財団は、VOLUNTAINER COMMUNITYに掲載された情報等が本規約に違反するものと当財団が判断する場合、即時に、当財団が必要と判断する範囲で情報等の全部・一部の削除若しくは修正・編集を行い、登録ユーザーによるVOLUNTAINER COMMUNITYの利用を禁止若しくは制限し、又は登録ユーザーのVOLUNTAINER IDを抹消する権利を有するものとします。また、当財団は、VOLUNTAINER COMMUNITYの掲示方法、カテゴリー、掲示期間等、VOLUNTAINER COMMUNITYの運営に関する一切の事項を決定する一切の編集権を保有し、情報等の再分類、カテゴリーの統合、不適切なカテゴリーに投稿された情報等の移動等を行うことができます。もっとも、当財団は、情報等の削除権の行使又は不行使に関し、何らの義務や責任も負担するものではありません。また、退会後3ヶ月を経過した場合、過去に投稿した記事及びミニメール送受信内容など登録ユーザーが発信した一切の情報が削除されます。削除後は再入会されても情報の復帰はできません。
6. アクセスログ等の記録、開示
当財団は、VOLUNTAINER COMMUNITYに情報等の書き込みを行った登録ユーザーのIPアドレス、当該IPアドレスからVOLUNTAINER COMMUNITYに書き込みを行った日時等のアクセスログを記録することがあります。当財団は、登録ユーザーが開示に同意した場合、法令上許容されている場合に限り、当該書き込みを行った登録ユーザーの氏名、住所、電子メールアドレス、電話番号などの個人情報及びアクセスログを開示することがあります。

なお、当財団におけるVOLUNTAINER COMMUNITYで収集する個人情報の取り扱いについては、「個人情報の取扱いについて」をご確認ください。
7. 免責事項
登録ユーザーは、VOLUNTAINER COMMUNITYを専ら自らの責任において利用するものとします。当財団及び、業務委託を受けたEMTG株式会社は、登録ユーザーの皆様による VOLUNTAINER COMMUNITYの利用又は利用できなかったことに関連して生じた責任、負担、損害及び損失(コンピュータ機器の故障やデータの損失を含みますが、それらに限られません)について一切責任を負わないものとし、登録ユーザー自らの責任において処理することとします。また、当財団及びEMTG株式会社は、情報の掲示時期、削除、誤配、又は保存の有無について何ら責任を負わないものとします。但し、当財団に故意又は重過失がある場合にはこの限りではありません。

平成28年12月26日 制定

VOLUNTAINERチーム登録規約

一般財団法人東京マラソン財団(以下「当財団」という)は、VOLUNTAINERチームとしての登録(以下「チーム登録」という)に関し、以下のとおり定めます。

1.チーム登録の条件
  • チーム登録ができる団体は、以下の条件を満たし、VOLUNTAINER公式ウェブサイトから申請の上、当財団が承認したチームに限ります。
    • (1)50人以上のボランティア参加が可能であること。
    • (2)ボランティア活動実態のあるチーム名(企業名、団体名、学校名)を登録すること。
    • (3)日々ボランティア活動を積極的に行っていること。(ボランティア活動の実績がある、又はこれからボランティア活動へ積極的に取り組んでいく予定の企業、学校及び団体)
    • (4)スポーツイベントの運営において、ボランティアとして円滑に活動できるスキル・要素があること。
    • (5)広報活動に利用しないこと。※オフィシャルパートナーを除く
    • (6)VOLUNTAINER事務局への連絡は、チーム代表者を通じて行うこと。
2.チーム登録の取消し
  • 登録した団体が以下の項目に該当する場合は、当該チームの登録は取消されるものとします。(VOLUNTAINER会員登録は取消されません)
    • (1)登録したチーム代表者から取消し(退会)の希望があった場合。
    • (2)当財団が不適当であると判断した場合。(例:企業広報・商業利用を目的とする場合、直近5年間でVOLUNTAINER公式ウェブサイトからボランティアチームとしての実績がない場合、スポーツイベント運営に支障をきたす出席状況や行動があった場合、当財団が指定した条件を遵守しない場合など)
  • なお、一度チーム登録が取消されたチームが再びチーム登録を希望する場合は、改めて承認されることが必要です。

平成29年8月22日 制定

ボランティア運営協力規約

ボランティア運営協力規約(以下「本規約」という。)は、一般財団法人東京マラソン財団(以下「当財団」という。)が運営する東京マラソン財団オフィシャルボランティアクラブVOLUNTAINER(以下「VOLUNTAINER」という。)公式ウェブサイトを通じてボランティア運営協力を依頼する団体(以下「依頼団体」という。)に対して提携する業務(以下「本業務」という。)の利用条件を定めるものです。

  • 運営協力を依頼するイベント及び内容(以下「依頼業務」という。)がVOLUNTAINERの目的に相応しい場合、依頼の対象となります。
  • 依頼業務に基づき、当財団が提供可能業務を決定し、双方協議の上、本業務利用を開始することとします。
  • 依頼業務により、料金が発生する場合があります。
    依頼業務の完了後に、当財団の発行する請求書に基づき、指定した期日までにお支払いいただきます。
  • 依頼団体が、次の各項目の行為を行った場合、本業務の提携を中断又は中止することがあります。
    • 本規約又は付随規約に違反する行為。
    • 本業務運営を妨害する行為。
    • 法令又は公序良俗に違反する行為。
    • 犯罪行為又は犯罪行為を助長し若しくは関連する行為、又はそのおそれのある行為。
    • 本業務の安定した運営を妨害する目的で多量の情報を伝送する行為。
    • 情報通信設備の誤作動や情報の破壊を誘発させるなどコンピュータウィルスプログラムを流布する行為。
    • 当財団又は第三者が有する著作権、商標権、特許権等の知的財産権を侵害する行為。
    • 当財団、VOLUNTAINER会員、第三者の信用若しくは名誉を毀損し、又はそれらのプライバシー若しくは肖像権その他の権利を侵害する行為又はそのおそれのある行為。
    • 当財団が不適切と判断する性的・暴力的・差別的な表現を掲載し、又は掲載されているサイトへのリンクを貼る行為。
    • 当財団及びVOLUNTAINERのロゴ、物品又は情報等を営利目的その他当財団が許諾していない態様で取得、利用、販売等する行為。
    • 宗教団体の布教・勧誘行為、又は政治団体の宣伝行為。
    • その他、当財団が合理的な理由に基づき依頼団体として不適切と判断する行為。
  • 当財団は、会員から得た個人情報について、別途定める「個人情報の取扱いについて」に従って取り扱うものとします。依頼団体は、本規約への同意によって、「個人情報の取扱いについて」の内容に関し、記載のとおり承諾したものとします。
  • 当財団は、依頼業務の参加者を被保険者とする保険に一括加入いたしません。
    依頼団体にて加入をお願いします。
  • 依頼業務は以下に該当する場合、当財団は一切の責任を負いません。
    • 当財団に起因しない事由による本業務に関するサービス利用の障害が発生した場合。
    • 当財団が天災地変、法令に基づく措置、行政指導、監督官庁の指導、事件又は事故、その他不可抗力等により本業務を行うことができない場合。
    • 当日の天候、天災地変、事件、テロ、テロの予告、ストライキ、暴動、道路・鉄道・航空等の交通事情、法律に基づく命令、行政措置その他不可避的事由により、 当該依頼業務が実施されなかった場合。
  • 本規約又は付随規約に定めのない事項又は本規約の解釈について疑義が生じた場合、依頼団体及び当財団は双方誠意を持って協議の上これを解決するものとします。

平成29年10月30日 制定

BACK