LEADERリーダーとは

1ボランティア運営体制

東京マラソンのボランティアは以下のような3つの役割に分かれ活動し組織化を図っています。

ボランティア運営体制 ボランティア運営体制

2リーダーの役割

リーダーの役割には以下のようなものがあります。

事前
マニュアルの確認、リーダー説明会への参加
当日
出欠確認、活動内容説明、活動
終了後
名簿・活動報告書提出など

リーダーの活動をまとめたムービー公開中!!

3VOLUNTAINERリーダー研修兼選考

東京マラソン財団では東京マラソンなどのスポーツイベントの運営において重要な役割を担うVOLUNTAINERリーダー研修兼選考を開催し、未来のリーダーの育成を行っています。

VOLUNTAINERリーダー研修兼選考の流れ

  • エントリー・事前課題提出(応募条件あり)
  • 事前課題による選考
  • (通過者のみ)講義・実習に参加
  • 課題提出
  • 実習と課題の評価により合否決定
  • (採用者のみ)東京マラソン財団
    VOLUNTAINERリーダーとして登録

<VOLUNTAINERリーダー像>

  • ●スポーツを愛し、スキルと情熱をもって、スポーツイベントを一緒に作り上げようという心意気がある
  • ●チームワークよく、お互いが協力しあい、ボランティアメンバーを楽しませることができる
  • ●参加者・ボランティアメンバー・観衆等イベントに関わるすべての人にホスピタリティあふれる対応ができる
  • ●主催者・関係者とボランティアメンバーのかけはしとなり、イベントの運営に貢献できる
  • ●トラブルが起こった場合でも、臨機応変な対応ができる

参考:2017年度募集要項

4リーダーの更新

リーダーの登録期間は1期2年間とし、以降2年ごとに更新が必要となります。
初回登録した年月から2年以内に、活動実績(※)が1回以上ある場合は、自動更新となります。

※活動実績

  • ・東京マラソン財団が案内するスポーツイベントのボランティアまたは講習への参加が活動実績となります。
  • ・ボランティア参加の役割はリーダーでも、メンバーでもどちらでも構いません。

ボランティアリーダーの更新 ボランティアリーダーの更新

5リーダーリレー

VOLUNTAINERリーダーの方々をリレー形式で紹介していきます!

vol.13

vol.13

藏田 昇(くらた のぼる)さん

2016年度よりボランティアリーダー登録
2017大会ではマラソンフィニッシュブロック
手荷物でリーダーとして活動

東京マラソンボランティアへ参加したきっかけは?
スポーツボランティアを以前からやってみたくて探していたところ、たまたま東京マラソンのボランティアがまだ募集中だったので、これはぜひ参加したい!と思って参加しました。
正直、平日がお休みの仕事に就いているため、休めるかどうかは不安でしたが、なんとか無事に参加できました(笑)
東京マラソンボランティアでの1番の思い出は?
一番初めに活動したのはマラソンフィニッシュブロックです。その時はフィニッシャータオルの担当でした。
他のボランティアの方が先にタオルをお渡しすると、あとのボランティアの方は完走したランナーの方々とハイタッチをしたりするのですが、さすがに何千人という方々とハイタッチすると、肩がヤバいことに…(笑)。
その他に、手荷物担当の時は、ランナー返却用の透明バッグ(手荷物袋)に我々ボランティアメンバーに宛てた感謝のメッセージが大きく書いてあったのを拝見したときは感動しましたね。
我々のことも見てくれてるんだ!って思って嬉しかったです。
東京マラソンの好きなところは?
とにかく雰囲気ですね。ランナーの方々も観客もボランティアも全員で参加してるぞ!っていう感覚。
しかも、年齢や性別、国籍関係なくお互いを思いやる心が、はっきりと表現できているスポーツイベントではないでしょうか。
「ありがとう(Thank You)」という言葉が飛び交うのっていいものですよ!
今までのボランティア経験の中でよかったこと、楽しかったことは?
色々な人たちとの関わりを持てることは、とても楽しいですね。こう見えて実は心配性で、初めての方とお話しするときはいつもドキドキするのですが、それでも大会の終わりごろには打ち解けていたりすると、心のなかで「キャッキャッ」楽しんでたりします(笑)
苦労したことは?
いつも思うことですが、言い方や伝え方はほんとに難しいですね。リーダーとして説明などをどのように伝えたらいいか、またその伝え方が理解してもらえているかなどを考えて頭の中がぐるぐるするときがあります。
なのであえて同じ事を繰り返し伝えたり、ひとつひとつ確認したり、ゆっくり話すことを心がけて、周りの反応を考えながら発言するようにしています。
リーダーを目指す人へのメッセージ
自分は、「ボランティアは『何かの・誰かの・自分の』役にたっているんだ」と、自分自身で再確認できて、とても大きな経験になると思っています。
どんなものでもそうですが、考えるだけではなく一歩を踏み出してみると、思いがけず新しい自分に出会えるときがあります。
そんな体験を与えてくれるものの一つとして、東京マラソンは絶好の機会だと感じます。経験値は誰でもはじめはゼロ。
しかし、その体験の機会はゼロではありません。みんながあなたを待っている。そして、今度はあなたがみんなを受け入れてみませんか?自分も笑顔でお待ちしています(笑)
最後に一言…
様々な経験と達成感の体験をご一緒に...!

LEADER LIST

vol.13

vol.13

藏田 昇(くらた のぼる)さん

2016年度よりボランティアリーダー登録
2017大会ではマラソンフィニッシュブロック
手荷物でリーダーとして活動

東京マラソンボランティアへ参加したきっかけは?
スポーツボランティアを以前からやってみたくて探していたところ、たまたま東京マラソンのボランティアがまだ募集中だったので、これはぜひ参加したい!と思って参加しました。
正直、平日がお休みの仕事に就いているため、休めるかどうかは不安でしたが、なんとか無事に参加できました(笑)
東京マラソンボランティアでの1番の思い出は?
一番初めに活動したのはマラソンフィニッシュブロックです。その時はフィニッシャータオルの担当でした。
他のボランティアの方が先にタオルをお渡しすると、あとのボランティアの方は完走したランナーの方々とハイタッチをしたりするのですが、さすがに何千人という方々とハイタッチすると、肩がヤバいことに…(笑)。
その他に、手荷物担当の時は、ランナー返却用の透明バッグ(手荷物袋)に我々ボランティアメンバーに宛てた感謝のメッセージが大きく書いてあったのを拝見したときは感動しましたね。
我々のことも見てくれてるんだ!って思って嬉しかったです。
東京マラソンの好きなところは?
とにかく雰囲気ですね。ランナーの方々も観客もボランティアも全員で参加してるぞ!っていう感覚。
しかも、年齢や性別、国籍関係なくお互いを思いやる心が、はっきりと表現できているスポーツイベントではないでしょうか。
「ありがとう(Thank You)」という言葉が飛び交うのっていいものですよ!
今までのボランティア経験の中でよかったこと、楽しかったことは?
色々な人たちとの関わりを持てることは、とても楽しいですね。こう見えて実は心配性で、初めての方とお話しするときはいつもドキドキするのですが、それでも大会の終わりごろには打ち解けていたりすると、心のなかで「キャッキャッ」楽しんでたりします(笑)
苦労したことは?
いつも思うことですが、言い方や伝え方はほんとに難しいですね。リーダーとして説明などをどのように伝えたらいいか、またその伝え方が理解してもらえているかなどを考えて頭の中がぐるぐるするときがあります。
なのであえて同じ事を繰り返し伝えたり、ひとつひとつ確認したり、ゆっくり話すことを心がけて、周りの反応を考えながら発言するようにしています。
リーダーを目指す人へのメッセージ
自分は、「ボランティアは『何かの・誰かの・自分の』役にたっているんだ」と、自分自身で再確認できて、とても大きな経験になると思っています。
どんなものでもそうですが、考えるだけではなく一歩を踏み出してみると、思いがけず新しい自分に出会えるときがあります。
そんな体験を与えてくれるものの一つとして、東京マラソンは絶好の機会だと感じます。経験値は誰でもはじめはゼロ。
しかし、その体験の機会はゼロではありません。みんながあなたを待っている。そして、今度はあなたがみんなを受け入れてみませんか?自分も笑顔でお待ちしています(笑)
最後に一言…
様々な経験と達成感の体験をご一緒に...!

CLOSE

vol.12

vol.12

娘・新田 祐己(にった ゆうな)さん

2015年度よりボランティアリーダー登録
2017大会ではEXPO ランナー受付
ナンバーカード引換え・セキュリティリストバンド装着でリーダーとして活動

母・新田 和江(にった かずえ)さん

2014年度よりボランティアリーダー登録
2017大会では水天宮・人形町ブロック
コース整理でリーダーとして活動

東京マラソンボランティアへ参加したきっかけは?
祐己さん ⇒ 高校二年生の頃に東京オリンピックの開催が決定したことがきっかけです。自分自身は出場できなくても大会を支えることができる「ボランティア」という存在を知り、参加したいと考えました。
和江さん ⇒ 高校生だった娘に、先にボランティアリーダーになって、と促されたのがきっかけです。
東京マラソンボランティアでの1番の思い出は?
祐己さん ⇒ 給水所にてボランティア活動を行った際、ランナーの方に笑顔で「ありがとう」と声をかけて頂いたことがとても嬉しかったです。
和江さん ⇒ 初めての東京マラソンボランティアの際、交通規制により車がいなくなった瞬間、鳥肌が立ったのを覚えています。
東京マラソンの好きなところは?
祐己さん ⇒ EXPOから東京マラソン当日まで、ボランティアの皆さんとランナーの皆さんで大会を作り、盛り上がりを感じるところです。参加者数も多く大きな大会ですが、とても温かい雰囲気が好きです。
和江さん ⇒ ランナーが笑顔で走っているのが印象的で、好きなところです。ランナーの皆さんが自分のペースで走る為のペースメーカー配置など、随所に大会の心配りが感じられます。
今までのボランティア経験の中でよかったこと、楽しかったことは?
祐己さん ⇒ 昨年私がリーダーとして担当した班のメンバーだった方が、今年の東京マラソンではリーダーになって下さったことです。ボランティアの輪が広がっていると感じ、嬉しかったです。
和江さん ⇒ 以前のボランティアでメンバーだった方に、あの時のリーダー良かったよ、と声をかけて頂いた事です。
苦労したことは?
祐己さん ⇒ 昨年、初めてボランティアリーダーとして東京マラソンの活動を行いました。ベテランの皆さんとご一緒することはかなり緊張し、前日の夜はなかなか眠れませんでしたが、活動当日は素晴らしいメンバーさんやリーダーの皆さんに助けて頂きながら、終えることができました。
和江さん ⇒ 東京マラソンでは、寒さ対策等天候に合わせた服装に毎回苦労しています。
リーダーを目指す人へのメッセージ
祐己さん ⇒ 素晴らしい大会を作る為には、ボランティアの力が必要だと思います。大きな大会の一端に関わることができ、多くのボランティア仲間と大会の成功に向けて尽力する、その気持ちがあればボランティアを始めるのに年齢は関係ないと思います。同世代のボランティアメンバー・ボランティアリーダーの方が増えると嬉しいです。
和江さん ⇒ ボランティアをして改めて、スポーツはアスリートだけのものではないと感じました。ボランティアが良い環境を作る事は、ランナーのベストパフォーマンスに必要不可欠だと思います。
今後、娘を含め若い世代がボランティアリーダーをする事で、大会がより活気付くと良いと思います。
最後に一言…
親子でボランティア

CLOSE

vol.11

vol.11

梅村 和弘(うめむら かずひろ)さん

2016年度よりボランティアリーダー登録
2017大会ではEXPO ランナー受付
ナンバーカード引換え・セキュリティリストバンド装着でリーダーとして活動

東京マラソンボランティアへ参加したきっかけは?
進学で地方から上京した大学1年生の時に、テレビでしか見たことがない東京マラソンを走ってみたいと思い、ランナーで申し込みをしましたが落選してしまいました。
それでも憧れの東京マラソンに関わりたいという単純な気持ちからボランティアとして参加するようになりました。
東京マラソンボランティアでの1番の思い出は?
2014大会でフィニッシュエリアの手荷物返却を担当しましたが、次々と戻ってくるランナーの皆さんの「走り切った!」という日常生活と違う素晴らしい笑顔に感動しました。
そのときに多くのランナーの皆さんにいただいた「ありがとうございました!」が忘れられません。
東京マラソンの好きなところは?
ボランティアとランナーの距離が近いことです。
ランナーはもちろんですが、ボランティアも大会に参加している、という気持ちになれます。みんなでマラソンの感動を味わえると思います。
今までのボランティア経験の中でよかったこと、楽しかったことは?
やはり多くの方々と仲良くなれたことです。ボランティアに参加しなければ、きっと会うこともなかった方と話が弾みます。
何年か連続で参加すると、多くの方に覚えていただき、本当に楽しく参加することができます。
苦労したことは?
苦労したことは特にありません。
初めて参加したときは、皆さんと打ち解けられるか心配でしたが、優しい方ばかりでそんな心配は無用でした。(笑)
リーダーを目指す人へのメッセージ
東京マラソンはランナーが楽しむためだけの大会ではないと思います。
ランナーはもちろん、ボランティアの方も全力で楽しめます。新しい東京マラソンを皆さんの笑顔で一緒に作り上げましょう!!
最後に一言…
新しい東京マラソンを皆さんの笑顔で作り上げましょう!!

CLOSE

vol.10

vol.10

姉・伊藤 夏帆(いとう かほ)さん

2014年度よりボランティアリーダー登録
2017大会ではマラソンフィニッシュブロック
手荷物でリーダーとして活動

妹・伊藤 早季(いとう さき)さん

2015年度よりボランティアリーダー登録
2017大会ではマラソンフィニッシュブロック
会場誘導でリーダーとして活動

東京マラソンボランティアへ参加したきっかけは?
夏帆さん ⇒ マラソンをしている父に影響を受け、ランナーさんにサポートができたらなと考えたからです。
早季さん ⇒ 姉に誘われて参加を決意。
東京マラソンボランティアでの1番の思い出は?
夏帆さん ⇒ マラソンを終えたランナーさんから「楽しかった」と言ってもらったこと。
早季さん ⇒ 最後にフィニッシュしたランナーさんをアーチで迎えたこと担当するボランティアチームだけでなく、周囲のボランティア全員が一丸になれたと感じた。
東京マラソンの好きなところは?
夏帆さん ⇒ ランナーさんやボランティア、たくさんの笑顔があふれるところ。
早季さん ⇒ 仮装など大会を楽しんでいるランナーが多いところ。
今までのボランティア経験の中でよかったこと、楽しかったことは?
夏帆さん ⇒ 学生生活ではない、人との関わりや喜びがあったこと。
早季さん ⇒ 普段の学生生活では出会えない年代の方とお話ができたこと。
苦労したことは?
夏帆さん ⇒ 苦労ではないのですが、その日にお会いしたメンバーさんと活動する際、グループ(班)を上手くまとめる事ができるかとても不安でした。
早季さん ⇒ 自分より年齢の高い方(ボランティア)に不快に思われないように指示を出すこと。
リーダーを目指す人へのメッセージ
夏帆さん ⇒ はじめは小さなきっかけからでもいいと思います。
早季さん ⇒ 一歩踏み出すことは勇気がいる事です。しかし、活動を始めてしまえば手助けしてくれる人は周囲にたくさんいます。まずは、一歩進んでみてください。
最後に一言…
学生生活では味わえない出会いを。

CLOSE

vol.09

vol.09

原田 篤志(はらだ あつし)さん

2012年度よりボランティアリーダー登録
2017大会ではスタートブロック
手荷物でリーダーとして活動

東京マラソンボランティアへ参加したきっかけは?
自転車ですが選手の側で(もちろんアマチュアですが)活動しており、普段からサポートの方たちへの感謝の気持ちと、何かの形でお返ししたいと思っていいたところに、東京マラソンのボランティア募集が目に留まったのがきっかけです。
東京マラソンボランティアでの1番の思い出は?
豊洲・有明エリアのコース整理の担当だった時に、今にも止まりそうなランナーをボランティアと沿道の観客とが一体となって励まし、結果、ランナーが最後のひと踏ん張りすることができた(と思ってます)こと。
東京マラソンの好きなところは?
普段立ち入ることのできない車道を使用して、東京のど真ん中を占拠して思いっきりスポーツで楽しめること!走る側支える側が一体となって盛り上げることで、誰もが主役だと思えるところが好きですね。
今までのボランティア経験の中でよかったこと、楽しかったことは?
現場でのボランティア経験はもとより、リーダー研修が自身のキャリア形成に大いに役立っていると感じます。相手の立場に立って考えることの重要さや、いろんなリーダーのあり方があってよいことなど、仕事面にも活きています。
苦労したことは?
ボランティアを志向する時点で、自ら苦労する場面に飛び込んでいるようなところがありますね(笑)。苦労したような場面があったかもしれませんが、苦労とインプットされていませんので、ないかも!
リーダーを目指す人へのメッセージ
知らない自分に出会えます!ぜひ体感してください。また、社会の上下関係がリセットされてますので、皆対等だし、自ら考え行動することが許されますので、そこを楽しんでください!
最後に一言…
新たな自分と達成感 味わいましょう!

CLOSE

vol.08

vol.08

和田 裕子(わだ ひろこ)さん

2012年度よりボランティアリーダー登録
2017大会ではマラソンフィニッシュブロック
会場誘導でリーダーサポートとして活動

東京マラソンボランティアへ参加したきっかけは?
第1回をTVで見て、ランナーよりも雨の中笑顔で給水しているボランティアに目がいってしまいました。
なんて楽しそうなんだろう!参加したい!と思ったのがきっかけです。
東京マラソンボランティアでの1番の思い出は?
全てが1番の思い出です。ランナーの笑顔もボランティアの笑顔も。甲乙つけられません。
東京マラソンの好きなところは?
お祭りのように、遊園地のようにワクワクする事がたくさんあるところです。何回参加しても毎年ドキドキワクワクします。
今までのボランティア経験の中でよかったこと、楽しかったことは?
たくさんの笑顔とありがとうに出会えたことと、ボランティア活動を通して世代を超えた素敵な仲間に出会えたことです。
苦労したことは?
ありません。困難なミッションさえ楽しくなってしまうので。東京マラソンでは苦労=楽しいです。
リーダーを目指す人へのメッセージ
学校や職場とは違う人間関係を築けて、一つの目標に向かってみんなでがんばり楽しむことができます。一緒に笑いましょう!
最後に一言…
アトラクション 東京マラソン

CLOSE

vol.07

vol.07

田口 達(たぐち とおる)さん

2012年度よりボランティアリーダー登録
2017大会ではスタートブロック
手荷物でリーダーサポートとして活動

東京マラソンボランティアへ参加したきっかけは?
自分もマラソンをします。フルマラソンを走った時のボランティアに感謝したので、
今度は自分が提供する側になりたかったため。
東京マラソンボランティアでの1番の思い出は?
豊洲エリアでの給水、強風で大変だったけど楽しかった。
東京マラソンの好きなところは?
規模感からくるやりがい。
今までのボランティア経験の中でよかったこと、楽しかったことは?
リーダーとして参加した時、メンバーから「とても楽しかった」と声を掛けられた時は嬉しかった。
苦労したことは?
雪が降った時のフィニッシュエリア、外だったので寒かった―。
リーダーを目指す人へのメッセージ
人をサポートすることで自ら楽しくなる、そしてやりがいがあるのがボランティア。
まずは参加してみてください。意外とハードルは低いです。
最後に一言…
"99%の楽しみ+1%の責任"だから面白く一つになれる♪

CLOSE

vol.06

vol.06

中川 幸一(なかがわ こういち)さん

2013年度よりボランティアリーダー登録
2017大会では銀座・有楽町ブロック
30km給水所でリーダーとして活動

東京マラソンボランティアへ参加したきっかけは?
偶然、東京マラソンのテレビ中継を見て、このようなボランティア活動もあるんだと、やってみたいと思い、翌年にはエントリーしていました。
学生時代に部活動で、試合のオフィシャルなどを経験していて、競技が異なりますが、その経験も活かせるんじゃないかなぁと思って…
東京マラソンボランティアでの1番の思い出は?
リーダー1年目、銀座4丁目交差点を含む区のコース整理員を担当したことです。
リーダーとして初めての活動が、東京マラソンの象徴的な場所だったので、とても不安でした。
しかし、一緒に活動した先輩リーダーさんに、全てを教えてもらえ円滑に活動できたことです。
東京マラソンの好きなところは?
普段、考えられない場所を大規模に規制して大会が開催されているところです。
ランナーさんの出走数も多く、ボランティアをやっていても、ランナーさんとボランティアメンバーさんのパワーに圧倒されるところが、またやってみたいと、感じるのではないでしょうか。
そのようなエネルギーをもらえるので、好きになってしまうのかなぁと思います。
今までのボランティア経験の中でよかったこと、楽しかったことは?
毎回、ランナーさんから「ありがとう」と言われると、どのような活動をしていても、やっててよかったなと感じます。
また、普段では出会うことのできないボランティアの皆さんと、親交を深められるのも楽しみにしています。
苦労したことは?
常に試行錯誤しながら活動していることです。毎回、天候や活動場所が異なりますし、メンバーさんも異なります。私の説明次第で活動の良し悪しが決まってしまいます。
事前に様々な条件でシミュレーションして、不測の事態が起きないようにしています。
ただ、この苦労もボランティアだけでなく、日常でも活かせるので、楽しんでます。
リーダーを目指す人へのメッセージ
とにかく、思い立ったら登録・エントリーをしましょう!
そこから始まります!
普段の仕事、地域・学校での活動を活かせます。特別な資格は、必要ありません。
最後に一言…
新しい出会いがあります。
一緒に、がんばろう!

CLOSE

vol.05

vol.05

西藤 弘美(にしとう ひろみ)さん

2012年度よりボランティアリーダー登録
2017大会では新宿・飯田橋ブロックコース
整理7区でリーダーとして活動

東京マラソンボランティアへ参加したきっかけは?
ランナー募集に落選した際に、たまたまボランティア募集をみかけたので。
東京マラソンボランティアでの1番の思い出は?
声援に答えてくれるランナーの笑顔。
東京マラソンの好きなところは?
エリートランナーとは違う多くの一般ランナーが自由に楽しそうに走ってるところ。そしてエリア毎に地域の応援スタイルがあり、同じ東京とは思えないくらいいろんな違いが味わえる。

さらにすべてが終わり清掃トラックが走り一般車両が走りだし、何事もなかったかのように元に戻っていく感じが好き。
今までのボランティア経験の中でよかったこと、楽しかったことは?
一般ランナーが多いというのもあり何が起こるかわからない緊張感があるせいなのか、大会が始まるまでは何となくバラバラなボランティアメンバーも、いざランナーが走りだしたら緊張感をもち一体になって支えあってる感がたまらない。
ランナーが結構声掛けに返してくれるのが楽しい。
苦労したことは?
苦労というよりは、防寒がかなり大事です。東京マラソンは2月開催の真冬の時期です。じっとしている事が多いのでしっかり防寒してないとボランティアどころではなく、楽しみも皆無になると思います。ビル風・海風等まともに何時間も受ける場所もあるでしょう。
最後に一言…
皆で一つになる事で感動と達成感を味わおう!

CLOSE

vol.04

vol.04

渡邊 光春(わたなべ みつはる)さん

10回連続で東京マラソンボランティアに参加
2017大会 日比谷・丸の内ブロックリーダーサポート
2016大会では芝ブロック20㎞給水所で活動

東京マラソンボランティアへ参加したきっかけは?
理由は2つあります。以前よりスポーツのボランティアをしていましたが、ボランティアという活動をさらに理解したいと思っていたところに大きな企画のマラソン大会を知り早速申し込みました。もう1つの理由は仕事の中で自身の考え方に戸惑いがあり、自分探しをしたいため挑戦しました。
東京マラソンボランティアでの1番の思い出は?
僭越ながら、自らの意志で活動させていただいていたのですが、10回縁があった事で表彰された事は想定外のサプライズでした。
東京マラソンの好きなところは?
大都市が様々な表情を持っているところです。ランナー・ボランティア・沿道の応援者・関係者等のそれぞれのストーリーがそこにある!!
今までのボランティア経験の中でよかったこと、楽しかったことは?
たくさんの仲間が出来たこと!!!
苦労したことは?
やはり天候ですかね。雨や雪が降った時はボランティアやランナーに負担が掛かります。一生懸命に役割をする人や挑戦をするランナーに少しでも和めるよう精一杯声を上げた。結果声がしばらくしゃがれ声になったこと?!
最後に一言…
新しい東京マラソンを一緒に楽しみませんか?

CLOSE

vol.03

vol.03

吉谷 容子(よしたに ようこ)さん

2016年度よりボランティアリーダーに登録
2017大会ではマラソンフィニッシュブロックでリーダーとして活動予定

東京マラソンボランティアへ参加したきっかけは?
2014大会で走ることができたので、次はボランティアでランナーを応援しようと思い参加しました。
東京マラソンボランティアでの1番の思い出は?
やはりランナーの方たちに笑顔でありがとうと言われたことです。
東京マラソンの好きなところは?
記録更新を狙うランナーだけでなく、楽しく走りたい人も参加できる大会であることです。
今までのボランティア経験の中でよかったこと、楽しかったことは?
初めて会ったボランティアメンバーの方達とも、同じ目標のもと、すぐに打ち解け協力し合えたことです。
苦労したことは?
正直今までのボランティア活動で、苦労と感じたことはないです。
リーダーを目指す人へのメッセージ
ランナーのために、大会を支え盛り上げるのも楽しい経験になると思いますので、興味がある方には是非チャレンジしてもらいたいと思います!
最後に一言…
ボランティアで大会を盛り上げ、一緒に楽しみませんか?

CLOSE

vol.02

vol.02

小窪 礼子(こくぼ あやこ)さん

2016大会では新宿・飯田橋ブロック5㎞給水所、
EXPOでランナー受付のリーダーサポートとして活動

東京マラソンボランティアへ参加したきっかけは?
1回目の東京マラソンを見て、スポーツ大会を作る、支えるという活動をしてみたいと思ったのがきっかけです。それから、ボランティアメンバー、リーダー、リーダーサポートと様々な役割で参加させてもらっています。
東京マラソンボランティアでの1番の思い出は?
初めての東京マラソンボランティアで新宿・飯田橋ブロックのコース整理をしました。ランナーの皆さんの顔がキラキラと輝いていたのがすごく印象的でした。自然と「頑張ってください!」と声が出ましたね。スタート直後の活動場所だったため、ボランティア活動の時間は短かったですが、すごく感動したことを覚えています。
東京マラソンの好きなところは?
たくさんの笑顔に出会えるところです。ランナーさんのワクワクしている笑顔、ゴールした時の笑顔、沿道で「頑張って!」と応援している皆さんの笑顔、ボランティアさんの活動中の笑顔、活動終了後に「楽しかった」と言ってくれた時の笑顔などなど、たくさんの笑顔に出会えます。
今までのボランティア経験の中でよかったこと、楽しかったことは?
毎回、日常とは違った「達成感」を味わえることです。その日初めて会うボランティアさんと一つのチームを作って活動するわけですが、必ず「団結力」を発揮する場面があり、活動終了時には終わった「安堵感」と「達成感」が感じられます。また、たくさんの人に出会えるのもボランティア活動をしていて楽しいと思えるところです。
苦労したことは?
これといった苦労は正直ありません。もちろん、トラブルが全くないわけではありませんが、大きなトラブルにならない様に事前準備はしっかりやります。それでも起こってしまったトラブルは次回起こさない様に事前対策をみんなで考えていますね。
リーダーを目指す人へのメッセージ
チームをまとめる役割ですが、構える必要はありません。リーダーさんが楽しんで活動すれば、自然とメンバーさんも楽しんで活動してくれます。「みんなと一緒に楽しみたい!」と思ってる皆さん、一緒にボランティアリーダーしてみませんか。
最後に一言…
たくさんの笑顔に出会える日です。一緒に笑顔のあふれる大会を作りましょう!

CLOSE

vol.01

vol.01

竹澤 正剛(たけざわ まさよし)さん

10回連続で東京マラソンボランティアに参加
2016大会では、水天宮・人形町ブロック30km給水所のリーダーサポートとして活動

東京マラソンボランティアへ参加したきっかけは?
2007年の第1回大会前に、2016年に東京五輪を招致するという動きがありました。その時に、何かしらスポーツイベントに携わりたいなと思って、東京マラソンボランティアに手をあげ、それ以来10年活動しています。
東京マラソンボランティアでの1番の思い出は?
第1回大会の雨ですね。都庁の下の真っ暗な中にトラックが沢山停まっていて、先も見えない大雨の中、荷物を預かる。全身ずぶぬれというのは、今でも忘れられないです。そういう環境だったからこそ、「全員でやったぞ!」というボランティアの熱い『熱』を感じられたという思い出があります。
東京マラソンの好きなところは?
やはり、大都会「東京」を「止めて・動かす」スポーツイベントであるという事と、そこを一人の力ではありますけれど、大会を支えているという事が、僕にとって東京マラソンの楽しいところだし、素晴らしいところだと思います。
今までのボランティア経験の中でよかったこと、楽しかったことは?
正直、現場は色々トラブルが起きますし、想定外のことが起きますが、様々なケースに臨機応変に対応させていただけていると思います。そういった事で、大会全体を支えていると思っており、それが自分にとっては、楽しませていただいているところだと思っています。もちろん、想定外のことが起きて、無線で色々な人から呼びかけられると、「大変だー!」ってなりますが、そういったところを含め、楽しいと思っています。
苦労したことは?
実は、苦労が楽しいので、あまり苦労という意識はありません。逆に苦労しないように「現場100回下見」などと言いながら、現場に何度も足を運んで、万が一何か起きたらどうしようとかいう事を常に考えています。やはり、メンバーの皆さんは、リーダーを頼りにしますので、そういった方々の期待に応える準備というのは大変ではあります。でも、大会当日に起きたトラブルみたいな事というのはあまり苦労と感じていなくて、むしろそれが楽しいからやっています。トラブルをメンバーの皆さんと乗り越えていくことが楽しいと思っています!
リーダーを目指す人へのメッセージ
ボランティアというものは、みんな自由です。老若男女、体の不自由な方も中にはいらっしゃれば、外国人の方もいらっしゃる。そういう様々な人と一緒に「東京マラソン」という大会を支える。その支える中でも、中心になるのが「リーダー」であり、そういうリーダーにみなさん挑戦していただければと思います。
最後に一言…
東京マラソンという素敵な大会を一緒に支え、作り上げていきましょう!

CLOSE

BACK