MENU

「ブルームバーグ スクエア・マイル・リレー東京2019」ボランティア活動レポート

2019.06.03

5月23日(木)、東京・丸の内で開催された「ブルームバーグ スクエア・マイル・リレー東京2019」で、総勢50人のVOLUNTAINERがボランティア活動を行いました!

このイベントは世界12都市で開催される企業などのチーム対抗リレーのイベントで、東京では今年で3回目の開催、VOLUNTAINERはボランティア運営協力として2回目の参加でした!



今年のボランティアウェアはオレンジ!背中には「VOLUNTEER」の文字が入ったTシャツです。
VOLUNTAINERの皆さんには、VOLUNTAINERワッペンも付けて活動していただきました。



当日はリーダーが先に集合し、運営スタッフの説明を受けました。
その後会場にメンバーも集まり、活動グループごとに分かれリーダーからメンバーに活動内容の説明。リーダーの皆さんがメンバーにじっくり丁寧に説明しながら会場内を周り、準備万端です!

フィニッシャーに参加者Tシャツを渡す“GIVE AWAYテント”担当のVOLUNTAINERの皆さんは、「どうしたらランナーの皆さんに渡しやすいか、サイズを見てもらいやすいか」を試行錯誤しながらTシャツを並べていました。最終的に、代表者がサイズ見本としてTシャツを着用するなどして、臨機応変に対応されていました!



ランナー受付がスタートすると、どんどん参加者が集まり、あっという間に会場は大盛り!
VOLUNTAINERの皆さんも大活躍でした!


***ランナー受付・会場誘導***



***会場誘導・更衣室/クローク管理***



***給水・GIVE AWAYテント***



***歩行者誘導***


活動は22時までと夜遅くまでの活動となりましたが、片付けや歩行者誘導など最後まで活動を全うされていました。



ご参加いただいた皆さん、遅くまで本当にありがとうございました!





参加者の声

名前:深堀耕作さん

・2019大会ではEXPOランナー受付で活動
・今回のイベントでは歩行者誘導を担当

Q.今回の活動の感想をお願いします!
A.ボランティアのメンバーみんなが一丸となって、ランナーを支える活動が出来て、とてもやりがいがありました。

Q.深堀さんがボランティア活動を始めたきっかけを教えてください。
A.元々スポーツをする側の人間でしたが、3年前に首の怪我をしてからあまりスポーツが出来なくなってしまったので、支える側にまわろうと思ってボランティア活動を始めました。

Q.ボランティア活動をするうえで、大切にしていることを教えてください。
A.ボランティアは選手を支える側なので、大会の運営するうえでは「選手をサポートすること」を一番に考えて活動しています。

Q.これからボランティア参加する方々へ、メッセージをお願いします!
A.初めてやることに対して不安な気持ちとか色々あるとは思いますが、まずはエントリーボタンをクリックして、実際に現場を見ると自分の気持ちも変わってくると思います。
一歩を踏み出す勇気が必要です!

  • 送る

BACK