NEWS最新情報

REPORT

東京マラソン財団オフィシャルイベント「東京トライアルハーフマラソン」ボランティア活動レポート

2017.11.08

曇り空となった1028日(土)、東京マラソン財団オフィシャルイベント「東京トライアルハーフマラソン」を開催しました。

荒川沿いを走るこのレースに総勢1,766人のランナーが参加し、113人のVOLUNTAINERにご協力いただきました。雨もちらつきましたがVOLUNTAINERのおもてなしにより1,735人のランナーが完走する事が出来ました。皆様お疲れ様でした。


  

  


また、出展した財団ブース内には、この10月に1周年を迎えたVOLUNTAINER1周年記念ブースが設置され、初公開となるVOLUNTAINERショートムービーやウェブサイトの企画リーダーリレーのVTRを流し、VOLUNTAINERへのメッセージボードはたくさんの方からのあたたかいメッセージでいっぱいになりました。フォトパネルや新しいビジュアルの前で休憩中に写真を撮るVOLUNTAINERたちもたくさんいて、1周年の祝賀ムードを彩っていました。


 

 


ランナー達が走っている間に、ステージ上ではVOLUNTAINER 1周年の記念セレモニーを行い、東京マラソン財団櫻井理事長より「東京マラソンは世界のメジャー大会にまだまだかなわない部分も沢山ありますが、ボランティアに関しては世界一と自信を持って言う事ができます」と挨拶ののち、集まったVOLUNTAINERで記念の撮影を行いました。



まさに「東京から世界へ」のVOLUNTAINERコンセプト通り世界に向けて決意を新たにされているように感じました。

VOLUNTAINERの皆さん!いつもありがとうございます。

これからも宜しくお願いいたします!!



イベント後のインタビュー 


■名前:船越 優理 さん


 

Q. ボランティアを始められたきっかけは?

実は今日が初めての活動で…。緊張しました。東京オリンピックで何かしたいという希望があって、色々と調べていてVOLUNTAINERの存在を知り思いきって応募してみました。

 

Q.実際活動をされてみてどうでしたか?

給水と迷ったんですがフィニッシュテープのサポートをやれてよかったです。(トップでフィニッシュするランナー)とても早くて、私の(短距離の)全力疾走より早くてびっくりしました。実際にこういう体験もできることも含めてやってみてよかったと思っています。

 

Q.これからボランティアを始めようと思っている人に一言

(ボランティア活動は)思ったより難しくありませんでした。難しく考えなくてもいいなと(笑)。周りもサポートしてくれるのでやってみて本当に良かった。(今回は一人で参加したけど)次は友達もさそってみようかな。東京マラソンのボランティアもぜひやってみたいと思います。





■名前:石原 裕三 さん



 

Q. ボランティアを始められたきっかけは?

ある程度歳を重ねた時に何か社会貢献をしたいなぁと思うようになって…私、実は献血なんかもよく行ってるんです(笑)。それで、なにかできないかと考えて探している中で東京マラソンのボランティアに行きつきました。これも縁ですね。おかげさまでもう10年活動させていただいて、メンバーからリーダーサポートまで経験できました。

 

Q. 途中、雨がふりだした局面もありましたが活動中のアクシデントにどのような気持ちをもって対応されていますか?

(ボランティア活動に)トラブルはつきものですよね(笑)。私は3つのステップがあると考えています。1つ目に、東京マラソンの場合は主催者と一緒に事前に話合いをして色んなことを議論して想定しています。しっかり準備する、まずこれが大前提。2つ目は、最終的にリーダーの意思決定で判断せざるを得ない、正しい間違っているということではなく、しっかり判断をする、そして動く。動かないと問題は解決しませんから。そして3つ目は、判断基準としてフォア・ザ・ランナーの目線を持つということです。参加ランナーが満足していれば、最終的にはうまくいくと思っています。

 

Q. リーダーとメンバーの違いはどのようなことでしょうか?

メンバーはランナーからの「ありがとう」が嬉しいのですが、リーダーはメンバーからの「ありがとう」が本当に嬉しいんです。私はスタート前の給水、給食を担当することが多くて早朝から本当に数時間しか活動しないですけど、「リーダーさんをみていて私も来年リーダーをやってみたいと思いました」なんて言われると、もう嬉しくて。一緒に写真を撮りましょうなんて一体感が生まれたりするんです。そういう現場をつくることができた達成感はリーダーの醍醐味だと思います。

 

Q.これからボランティアを始めようと思っている人に一言

まずは初めの一歩を踏み出すのが大切だと思います。それには東京マラソンのボランティアから始めてみるのが良いと思います。決してお世辞ではないですよ(笑)。(東京マラソンボランティアは)そんなに難しいことをやるわけでないですし、サポートするシステムもしっかりしてます。ここで経験を積んでボランティア活動を楽しんでほしい、そして、是非、東京2020のオリンピックパラリンピックのボランティア活動をやってほしいと思います。



開催概要
■大会名 東京マラソン財団オフィシャルイベント東京トライアルハーフマラソン
■開催日 平成29年10月28日(土)※雨天決行
■開催地 木根川橋少年野球場、球技場(東京都葛飾区)京成押上線四ツ木駅より徒歩7分
■主 催  一般財団法人東京マラソン財団、公益財団法人東京陸上競技協会
■後 援  葛飾区、江戸川区
■スケジュール
  9:15~オープニングセレモニー/ウォーミングアップ
  10:00~ハーフマラソン競技開始(スタート)
  12:15~表彰式
  13:00競技終了(制限時間)
■出展ブース 東京マラソン財団ブース、チャリティミニラウンジ、VOLUNTAINERブース他 
  • 送る

BACK